リサイクルインク

  • admin
  • 2017-3-22
  • 未分類
  • リサイクルインク はコメントを受け付けていません。

リサイクルインクは、使用済みの純正インクを回収、修理・加工を行ない再販されているもののことをいいます。純正インク、互換インク、詰め替えインクと比較し、製造法以外にどういった点に違いがあるのでしょうか。

リサイクルインクの魅力のひとつとしては、価格の安さをあげることができます。モノによっては、純正インクよりも多量のインクが補充された大容量の製品もあり、さらなるコストダウンの効果を期待することが可能です。そしてこのような特徴がリサイクルインクにはあることから、純正インクと比較して製品の購入コスト自体はかなり抑えることができるでしょう。ただし、互換インクや詰め替えインクと比較すると価格は高くなってしまう場合が多いです。

純正品より低価格であることがウリのリサイクルインクですが、品質では純正品に劣るモノが多いです。純正品と色合いが一緒ではありませんし、プリンタの故障が起こるなどの不具合も、純正品に比べて起こりやすいといわれています。また、不具合が起こった場合、リサイクルインクを取り扱っている業者の独自の保証を受けることが可能な場合はあるものの、正規のメーカーの保証の対象外になってしまうことがあるため注意が必要です。