カレンダー

2018年11月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リサイクルトナーと正規品は一体何が違うのか

プリンタプリンターを利用するためにはトナーカートリッジというものを購入しなければいけません。こちらをプリンターにセットして、トナーを用いて紙に文章や図などを印刷することができるのです。通常は正規品のトナーカートリッジを利用することが多いでしょう。しかし、正規品だけではなくて別の選択肢も存在しています。それがリサイクルトナーです。リサイクルトナーを利用してもプリンターを使うことは可能なのです。最近はリサイクルトナーの方を用いているケースも増えています。

それではトナーカートリッジについて、正規品とリサイクルトナーにはどのような違いがあるのでしょうか。これらにどんな違いが存在していて、それぞれどのようなメリットがあるのか気になる方は多いでしょう。こちらではこの2つのどちらを利用するのか検討している方のためにそれぞれの違いについて分かりやすく教えます。トナーカートリッジを選ぶ際の参考にしてください。

正規品とは

トナーカートリッジの正規品というのは、メーカーが販売しているものです。純正トナーと呼ばれることもあります。基本的にはそれぞれのプリンターのメーカーがそのプリンターで使うためにトナーを製造しており、メーカーから販売されているものが純正トナーということになります。正規品のため品質は安定しており、そのプリンターで利用することを前提に開発されたもののため、トラブルが生じる可能性は少ないでしょう。

また、万が一トナーカートリッジが不良品だったり、それを利用してプリンターに異常が出たとしても、すぐに保証やサポートを受けることができるでしょう。純正品であればメーカーが回収をしてくれることも多いです。そのため、回収費用もかからないでしょう。メーカーは回収したトナーカートリッジを再利用しているのです。

ただし、基本的に正規品は値段が高いものが多いです。また、生産終了している場合もあり、このケースでは手に入れることが難しくなってしまうでしょう。

リサイクルトナーについて

リサイクルトナーというのは純正品とは異なるものとなります。こちらはその名の通りトナーをリサイクルしたものであり、使用済みの容器をリサイクルして、そこにトナーを補充して販売したものとなっています。そのメーカーとは異なる会社がリサイクルトナーを提供していることが多いでしょう。再生品であり、正規品とは異なるため値段は安くなっています。

リサイクルトナーは安いだけではなくて環境に優しいというメリットもあります。リサイクルをすることによって、無駄にトナーカートリッジが製造されなくて済むのです。また、純正トナーよりもさらに多くのトナーが充填されているものもあります。生産終了品であっても購入できることがあります。

デメリットとしては品質が不安定となっている場合があります。これはリサイクルトナーを提供しているメーカーによるでしょう。また、不具合が発生したときも正規品ほど充実したサポートを受けられないかもしれません。回収についても有料となったり、回収を受け付けていないこともあります。あくまでもリサイクル品であるため、プリンターの故障が発生してしまうケースもあることは注意するべきでしょう。

正規品とリサイクルトナーの違い

まず、販売価格は正規品の方が高くなっており、リサイクルトナーの方が安いです。印字品質についても正規品の方が良くて、リサイクルトナーについては色味が違ってくることがあります。印刷枚数については基本的に同じです。どちらを選んでも同じ枚数の印刷が可能です。不具合率については、純正品は1%から2%程度であり、リサイクルトナーの場合は2%から3%程度となっています。

ただし、リサイクルトナーについてはそれを提供している業者の質による点が多いでしょう。リサイクルトナーであってもとても高品質なものが存在しているのです。そのような業者を利用すれば、安心してリサイクル品を使うことができます。

目的に合わせて使い分ける

正規品とリサイクルトナーは異なる点がたくさんあります。どちらの方が優れているかといえば、それは何を重視しているかによって異なるでしょう。たとえばとにかく安さを求めるならば、正規品は割高となっています。リサイクルトナーの方が安く入手することができるでしょう。ただし、高品質なものを使いたいならば、正規品を利用することをおすすめします。業種によってはとにかく品質の高いものが求められるケースもあるからです。

リサイクルトナーを選ぶ場合には業者選びに気をつけなければいけません。まず、品質に注目しましょう。できるだけ高品質なものを提供するために努力していることを確認してください。また、保証やサポートについてもチェックしましょう。何かあったときにきちんと対応してくれるならば、リサイクルトナーでも安心して利用することができるのです。リサイクルトナーの方がコストカットができるのですが、業者による違いが大きいことを理解しておきましょう。その点、正規品の場合は製品やサービスの質が安定しているのです。

まとめ

品質チェックプリンターを使うためのトナーカートリッジにはメーカーが正規で販売している正規品と、それをリサイクルとして販売されているリサイクルトナーがあります。リサイクルトナーは正規メーカー以外の会社がリサイクルをして再販売しているものです。この2つにはさまざまな違いが存在しています。これから会社でどちらのトナーを利用するのかは、その違いをきちんと理解して、自分達に合ったものを選ぶべきでしょう。どちらにも一長一短があるのです。

正規品は品質がとても安定しており、メーカーから充実したサポートや保証を受けることができるというメリットがあります。しかし、値段が高いのがデメリットとなっており、費用を抑えたい会社には適していないでしょう。一方、リサイクルトナーは値段が安いのが最大のメリットとなっています。こちらを導入するために負担はかからないでしょう。ただし品質や保証について不安があるのですが、この点は業者をきちんと選ぶことによって解決できます。正規品とリサイクルトナーの違いについてまとめました。


**関連記事**

  1. 純正インク
  2. 互換インク
  3. リサイクルインク
  4. 詰め替えインク